スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gなんていらねえよ、春

良い天気♪




今日もいい天気だね♪
やっぱ青い空に電柱って絵になるなぁ。

世はすっかり春一色。
暖かくなって、生活面でも過ごしやすい季節になりますた。

だから、外に出れば色んな人たちを見かけるんだよね・・・
やっぱ春って変人が出やすい季節なんだろうか・・・

昨日帰りの途中に歩道の片隅にレジャーシートを敷いて、その上で腹筋してるおっさんを見かけたんだが(爆)

そんなとこで何してんだよww
人目のつく所で恥ずかしくないのか・・・?
しかも1回やるごとに「アッー!」言うのやめれww
コーラ吹きそうになっただろうがwww



てか桜散ったなぁ・・・
早いなー・・・ちと寂しい・・・

やっぱ美しい物はみな、最期には散ってしまう運命なんだよね・・・悲しいことです。
逆に!目障りな「虫」とかは執拗にはびこってくるんだよなー!!
春になった途端いろいろと出てくるわけょ・・・「G」とか「K」とか「H」とかね(鬱)
特に人ん家にあがり込んではカサカサと動き回る「G」シリーズが厄介。

また俺の粛清の刃が唸るときが来たか・・・
スコッティ・・・

駆逐では許されない、見かけたら瞬時に撲殺する。



覚悟しろよ!この虫野郎!(2回目)



2回目か・・・遊戯ネタ好きだなぁ(爆)

続きを読む

スポンサーサイト

ありがとうございました!お世話になりました!

ブログを始めて早2年・・・
今までいろんなこと書いてきたなー・・・


笑える記事、悲しい記事、何かに訴える記事とか、
今思い出せば、俺も何だかんだ、人間らしい生活をしてきたんだなと、改めて思います。


でも、人間といってもそんなに強い人間じゃない。
表では強がっていても、内面弱みをたくさん抱えている。
そして、心の中に悪意を宿している・・・そんな俺。


今まで生きてきた中で、どれだけの人たちを傷つけて来たんだろう?


みんなと仲良くしたい、交流を持ちたいと、そう思いながら今まで生きてきたつもりなのに・・・
どこか引っかかる所があればすぐに否定的な態度をとってしまう。
そんな自分の癖、心の中の悪意が動く。


どうしてこうも簡単に、人を付き放してしまうの?


付き放せばその人に深い傷を負わすことになる。
自分なんか耐えられないくせにさ・・・


相手の事を広く受け止められるようにと、心の中を空っぽにしようと頑張ってみた事もあった。
でも、出来なかった・・・捨ててしまいたいものもあったけど、捨てられない、大切な物もあったから。


この心は俺自身。
俺そのものを動かしてるんだ。
何年経っても決して変わることのない、この世に存在する上で必要な生きる証。


・・・しかしそれもここまで。


このまま生きてたらさらにたくさんの人を傷つけることになる。
それが耐えられるほど俺はポジティブじゃない。
これ以上、周りの人に辛い思いをさせたくない。
ならやることは一つ。


ここからいなくなればいいんだ。


そうするしか・・・


でも、好きなんだよ・・・みんなの事が好きなんだよ・・・
いつも遊びに来てくれたり、話してくれたり、それだけでも嬉しかった・・・
みんなが俺を見てくれる、それだけで、自分の存在感を得ていた。


今まで頑張ってこれたのも、そんなみんなのおかげ。
いつまでもいっしょに居たいけど、そのまま墓場の中まで連れていけないからねwさすがにw


うん・・・そう。
実はね・・・そういうことなんだ。


本当に、ごめん!
ここまで来て・・・最後の最後に、こうなってしまって・・・
今、外の方は大荒れなのに寒さも感じません。
もう、今までみんなと過ごした事を思い出したら涙が出てきて止まりません。


本当にうれしかったんだ・・・
たくさん教えてもらった、いろんなこと。
俺を、一人の人間として、ここまで生かしてくれてありがとう!!
本当に、ありがとう・・・


このブログも、今後更新はないので閉鎖いたします。
削除も出来ないのでこのまま、残しておくことにします。
俺がいなくなったとしても、みんなとは繋がっていたいから・・・


それじゃ、先に逝ってます。
さよなら。

続きを読む

プロフィール

マッサ

Author:マッサ
中に人などいない!
前略プロフ

ツイッター

BBS
BBS(ゲスブ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター

QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

裏の世界へ・・・
根なし草(裏)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。