スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早口言葉。。。②

庭には美味しそうな鶏が2羽います。こいつらを(ry
(。・_・)ノ”【※早口言葉。。。①の続き。】



ネイル「・・・今度こそどうだ??」

アキ「・・・なんかさぁ。」
KK「アキも気づいたか?」
アキ「うん・・・。」
シゲ「(いつまで読んでんだ・・・?)」

ネイル「あん?なんだよ?」

アキ「ネイルさぁ・・・なんか、にわのところ言う時に首動かしてない??」

ネイル「それがどうかしたのかね?」

アキ「いや、なんか、にわを言う回数を数えてるかのように見え・・・」

ネイル「バカ言うんじゃないよ!それはただ・・・あの、それだ!」

アキ「何よ?w」

ネイル「その、リズムに乗ってんだよ!早口言葉の中にもリズミカルが必要だと思って。。」

アキ「いや、別に必要じゃないと思うけど。。。」

ネイル「なんだよ!けっ!これだから素人は困るよな。」

KK「ネイルのその早口の言い方も素人っぽいけどな。」

ネイル「そこっ!異議ありっ!!」



ちょっと危なかったけど、ここはなんとか絶妙なごまかしで退けることができた。
早口を言ってる間に「エビバディゴ~ゴ~」を思い出したおかげで助かったよ。

しかし友達もなかなかしつこい、懲りず俺に対して突っ込みを繰り出す。
そしてシゲは、もうこの時点では気にならなくなっていた。。。(存在無。)



KK「じゃあさぁ。」

ネイル「なんだねKK君。」

KK「なんで後ろに手を組むの?」

ネイル「・・・言いやすくするためさ。」

KK「後ろに手隠してにわを言う回数を指折って数えるため?」

ネイル「んなっ!?ち、ちがわーボケー!いいかげんにしろー!!」



くどすぎると言わんばかりに抵抗する俺。
しかし実際から見ればこれは無駄な抵抗なのだ。
正に図星なのだから。

ご名答ではあるが、俺は最後まであきらめたくなかった。

ばれたくないという意地張りが何故かその時に強く出ていた。
今思うと、こんな下らない事の為に熱を入れていた自分がもっと嫌になった。

----------------------

今日はここまで(〃´o`)=3 フゥ
次で完結。。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マッサ

Author:マッサ
中に人などいない!
前略プロフ

ツイッター

BBS
BBS(ゲスブ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター

QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

裏の世界へ・・・
根なし草(裏)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。